グリーン車の喫煙ルームはグリーン席専用

グリーン車の喫煙ルームはグリーン席専用

グリーン車の喫煙ルーム

グリーン車喫煙ルーム

東海道・山陽新幹線でのぞみを中心にN700系新幹線が現在主力です。

 

N700系新幹線には喫煙ルームが4箇所設置されていますが、うち1か所はグリーン車を利用する人専用です。
喫煙ルーム自体は特別高級だったりすることはなく、普通車と同じです。

 

(広告)

 

 

喫煙ルームの配置

以下の4箇所に設置されています。
10号車の11号車寄りがグリーン利用者専用です。

  • 3号車(博多寄り)
  • 7号車(東京寄り)
  • 10号車(東京寄り)※グリーン席利用者用
  • 15号車(博多寄り)

 

▽喫煙ルーム地図→喫煙ルーム付近座席配置図

 

 

グリーン席の利用者からの苦情

実は私も経験あるのですが、ついつい10号車の喫煙ルームを使ってしまうことがありました。

 

グリーン車は8号車、9号車、10号車です。
11号車は子供連れで人気の普通指定席ですが、11号車の東京寄りから10号車は繋がっています。

 

11号車に乗車した場合、15号車の喫煙ルームではなく、ついつい10号車のグリーン専用の喫煙ルームに行ってしまうのです。

 

 

グリーン車の喫煙ルームは一番狭く、同時に3名しかタバコが吸えないので混雑時は待ちが発生してしまいます。
10号車の喫煙ルームはグリーン席利用者専用です!

 

11号車からだと手前に職員用の小部屋がありますので、場合によっては注意されます。

 

 

 

JR側の対策

こんな事例がJR西日本のホームページに掲載されています。

N700系 グリーン車喫煙ルームのご案内の改善について

お客様の声
出張でいつもグリーン車を利用していますが、10号車喫煙ルームは車内放送でもグリーン車専用と案内されているにも関わらず、グリーン車以外の乗客による使用が増えています。グリーン車に乗っている人が順番待ちをしているので、何か対策を立ててほしいです。(性別、年齢不明)
改善しました
JR東海と連携し、N700系すべての車両で10号車喫煙ルームの扉にグリーン車マークを表記するとともに、隣接する11号車(普通車)の各座席の車内案内標記を見直し、15号車(普通車)の喫煙ルームのみ表示するようにしました。

JR西日本「お客様の声」からの改善事例

通常時期の週末レベルの混雑であれば、グリーン車の喫煙ルームが混雑するのは見たことがありませんが、連休前後ですかね。
だとすると、連休前後ぐらいは許してほしいものです。

 

ルールなので仕方ありません。従いましょう。

 

 

逆のパターンは?

では逆にグリーン席利用の人は普通車の喫煙ルームが使えるのか?
グリーン8号車の隣に7号車の喫煙ルームがあります。

 

答えは使えます。

 

そんなことまでルール化はされておらず、10号車はグリーン客専用ですが、その他の喫煙ルームは普通車の利用者専用とはどこにも記載も放送もありません。
なんか悔しい人はJRに「お客様の声」として投稿してみてはいかがでしょう。

 

(広告)

 

(関連コンテンツ)


 

 

トップへ戻る