東海道新幹線のモバイルオーダーサービス

廃止された車内販売の代替サービス。グリーン車に限られています。
最終更新:2024/06/30 12:28:34

東海道新幹線のモバイルオーダー

2023年10月で廃止されてしまった車内販売の代わりのサービスが東海道新幹線のモバイルオーダーサービスです。

 

東京から新大阪の区間、「のぞみ」「ひかり」のグリーン車限定ですが、座席からスマホで注文して座席まで持ってきてくれます。そんなサービスを整理しました。

(広告)

 

モバイルオーダーサービスとは

東海道新幹線の列車内でスマホによる軽食などが注文できるサービスです。スマホで注文すると早くて5分程度で座席まで持ってきてもらえます。

 

このサービスは「のぞみ」「ひかり」のグリーン車に限られます。また、区間は東海道新幹線の東京から新大阪間に限定されます。

 

以前は新幹線の列車内で、車内販売はワゴン車で軽食、飲みものなど販売していましたが、東海道新幹線では廃止されました。
(注)山陽新幹線(新大阪から博多間)の一部グリーン車では車内販売継続中

 

東京、新大阪間の普通車では車内販売が廃止され、「のぞみ」「ひかり」のグリーン車に限り、開始されたのがモバイルオーダーサービスです。

 

 

販売されるメニューは少しずつ変わります。運営しているJR東海リティリング・プラスという会社が最新のモバイルオーダーのメニューを公開しています。

 

主に、弁当、サンドイッチ、コーヒー、ジュース、酒類、お菓子、スジャータアイス、スイーツ、お土産など。以前、ワゴン車で販売していたものです。

 

 

 

注文方法

モバイルオーダー用サイトに接続

モバイルオーダ用のQRコード
座席のポケット(雑誌などがいれてあるところ)にモバイルオーダ用のQRコードが記載された各座席にあります。それをスマホで読み込んで専用サイトに接続します。

 

 

乗車の車両を入力

画面に従い、列車番号、号車、座席番号、降車駅を入力します。

 

覚えていないと思うので、きっぷを見て入力しましょう。
モバイルオーダ入力要領

 

 

 

メニューを選んで注文

モバイルオーダ商品選択から注文

 

一覧からほしい商品と個数を選択し、注文を確定します。料金は受取時に現金または交通系電子マネーで支払ます。

 

 

 

商品受け取り

座席まで商品を届けてくれます。

 

 

 

モバイルオーダーの制約などまとめ

東海道新幹線のモバイルオーダーのルール、制約を下記に整理しました。

  • 会員登録は不要
  • モバイル画面から注文後の確認不可
  • モバイル画面で注文変更、取消不可
  • 支払は現金、交通系ICに限る(QR決済、クレジット不可)
  • 領収書発行可能
  • サービス区間は東京、新大阪間のみ
  • 東京~新横浜間は注文不可(注)

(注)東京から出発し、新横浜を通過するまではおそらく販売していません。サイトにアクセスすると「ただいま、東海道新幹線モバイルオーダーサービスんも注文受付を停止いたしております」と表示されます。車内販売でも同じだったので準備中だと思われます。

 

 

 

まとめ

利用してみましたが、従来のワゴンによる車内販売よりも便利です。じっくり商品が選べるので販売側も購入側も楽。

 

残念なことにグリーン車限定なんですよね。毎回グリーン車には乗れないのでEX予約のポイントが貯まって乗るときの楽しみですね。

(広告)