サイバーステーションで新幹線を予約する

JRサイバーステーションのネット予約サービス

おまけ程度ではありますが、JRサイバーステーションでも新幹線のネット予約が可能です。

 

JRサイバーステーションはプロバイダーサービスも行っており、契約してインタネットを利用するとおまけで予約できるようになります。

 

自宅でJRのプロバイダを利用していて、新幹線にあまり乗車しない人にはおすすめです。

(広告)

 

利用の条件

  • JRのインターネットプロバイダ(CYBER STATION)に加入している
  • 上記プロバイダ経由でJRサイバーステーションを参照する

    ※契約していてもスマホなど別回線から接続しても利用できない
    ※条件を満たすと予約画面へのリンクが表示されます

プロバイダCYBER STATION(公式サイト)

 

JRサイバーステーションのプロバイダ料金(2020年8月現在)

  • Bフレッツ(1GB)…1,980円/月
  • フレッツADSL(50MB)…1,320円/月

私の利用するOCNはプロバイダ料が光で1,200円なので少々割高ですね。

 

決済は受取時

全国のみどりの窓口で切符を受け取る際に支払い(クレジットカード可)ます。
予約時点では決済はされません。
後払いなのはサイバーステーションだけです。他のネットでの新幹線予約では後払いはありません。

 

 

 

JRサイバーステーションの不便なところ

予約が簡易的にしかできない

  • 座席の横位置(A,B,C,D,E)のみ指定可能
  • 乗車列車の号車、列番号は指定ができない
  • 乗車の2日前までしか予約ができない(当日、翌日の予約は不可)

駅のエスカレーターや階段などの位置がわかっていれば、近い号車を予約する人もいます。これがランダムになるためできません。

 

それほど気にしないのであれば窓側、通路側は指定できるので十分という人も多いと思います。

 

 

割引が一切ない

料金の割引はなく、窓口で買うのと同じ正規料金でしか購入できません。

 

それ程、新幹線を利用することがなければ、面倒なネット予約の会員登録も不要なので維持管理は楽です。

 

 

受け取りはみどりの窓口のみ

全国のみどりの窓口で受け取りが可能です。ただし、受取日の期限があります。

  • ご乗車日の1ヶ月前から10日前の予約・・予約日から8日以内
  • ご乗車日の9日前から2日前の予約・・ご乗車日の2日前

 

 

 

JRサイバーステーションの便利なところ

予約ではありませんが、JRサイバーステーションのサイトは便利に活用できます。

誰でも利用できる

全国の新幹線・特急列車が会員登録も不要でだれでもすぐに利用できます。

>>サイバーステーション公式サイト

 

全国の新幹線が予約可能

以下のすべての新幹線路線が予約できます。

  • 東海道・山陽新幹線
  • 東北・山形・秋田新幹線
  • 上越新幹線
  • 北陸新幹線
  • 九州新幹線
  • 北海道新幹線

 

 

見やすい

画面がシンプルで動作が軽く、非常に見やすいです。悪く言うと飾りっ気がない(笑)

 

いまどきのごちゃごちゃした機能も動きもないので個人的には無駄がなく、良いと思います。

 

特に時間帯別の空席状況が一覧形式で一目でわかるため混雑状況が把握しやすいです。

 

情報が細かい

あまり知られていませんが、走行中の新幹線の位置や状況が確認できます。
遅れや運休の場合に参考になります。

 

 

まとめ

珍しくJRが各社統一したサービスで、かなり利用者は多いです。
あえてサイバーステーションのプロバイダに乗り換えるメリットはありませんが、一応は新幹線が予約できるのでプロバイダ契約をこれからお考えの方はいかがでしょうか。

 

JRサイバーステーション プロバイダ(公式サイト)

 

(広告)


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る