エクスプレス予約の割引サービス EXこだまグリーン早特

EXこだまグリーン早特で時間はかかるが快適な移動

東海道新幹線のグリーン車が「こだま」で格安で利用できるのが「EXこだまグリーン早特」という割引サービスです。

 

エクスプレス予約会員または、スマートEX会員限定の公式割引サービスの一つです。

 

利用条件は、乗車3日前までの予約、各駅停車の「こだま」限定の2点です。時間がある方はゆっくりと快適に移動できます。

 

EXこだまグリーン早特は2017年9月1日まで「こだま☆楽旅早特」と呼ばれていたサービスです。改名されました。

(広告)

 

設定区間、所要時間と料金

設定区間

設定されている区間は東京から新大阪の17駅です。

東海道新幹線の駅(東京から順)

東京、品川、新横浜、小田原、熱海、三島、新富士、静岡、掛川、浜松、豊橋、三河安城、名古屋、岐阜羽島、米原、京都、新大阪

EXこだまグリーン早特が利用できる区間はある程度の距離が必要です。隣接駅までは「EXこだまグリーン早特」は利用できません。例えば、東京から品川、新横浜や、京都から新大阪までは割引を適用できません。

 

また、新大阪より西は山陽新幹線のエリアとなり、EXこだまグリーン早特は適用されません。

 

 

「こだま」の所要時間

こだまは各駅停車です。のぞみ、ひかりと比較して所要時間は大幅に違います

のぞみ、こだまの所要時間の違い
区間 のぞみ所要時間 こだま所要時間
東京〜名古屋 1時間40分 3時間
東京〜新大阪 2時間30分 4時間
名古屋〜新大阪 50分 1時間

※のぞみでは±5分前後、こだまは通過列車の待ち時間差で時間帯によっては±15分程度差があります。

 

 

料金

エクスプレス予約(EX予約)、スマートEXとの料金比較です。

EXこだまグリーン早特の主要区間料金
区間 EX予約 スマートEX 設定料金
東京〜静岡 7,810円 8,540円 6,140円
東京〜名古屋 13,970円 14,760円 9,170円
東京〜新大阪 18,480円 19,390円 11,410円

いずれの区間でも3割以上の値引き。浮いたお金でお弁当、ビールも余裕です。

 

その他の区間の料金は公式サービスでご確認ください。

 

 

適用ルールなど

乗車の3日前までの予約

乗車日の3日前までに予約する必要があります。例えば11月20日に乗車予定の場合には11月17日の23:30まで、土曜日の乗車であれば水曜日の23:30までに予約する必要があります。予約の変更も上記例と同じく3日前までに制限されています。

 

複数名での利用

エクスプレス予約または、スマートEXの会員の人が、複数名分を予約することができます。最大で会員本人を含めて6名までです。複数名で予約した場合はきっぷを駅で受け取って乗車します。

 

EXこだまグリーン早特では、こども用の設定はありません。子供と利用する場合は、グリーンではありませんが、東海道新幹線の割引率が最も高い「EXこだまファミリー早得」が最適です。

 

利用できない日時

大型連休では利用できない日がほとんどです。年末年始、ゴールデンウイーク、お盆で、最も混雑する日は利用が制限されています。

 

時間帯の制限はありません。ダメな日は終日利用できないし、適用可能な日は何時の列車でも利用できます。

 

座席数の制限

提供されている座席数には制限があります。座席に空席がある場合でも売り切れの可能性があります。この場合は通常料金になります。

 

 

対象列車の探し方と予約

残念ながら一覧表示できるような画面やWEBサイトは存在しません。エクスプレス予約やスマートEXの予約画面で探す必要があります。

 

東京〜新大阪区間で、こだま号、3日先以降の列車を探してください。予約の条件に一致した場合に、エクスプレス予約の列車・設備の選択画面に「割引設定あり」の表記があります。

 

exicこだま☆楽旅早特1

出典:エクスプレス予約画面

※上記図中の「ひかり」は対象ではありません、必ずこだまを探してください。

 

上記の対象列車の確認方法画面で「割引設定あり」の右隣の「この候補を選択」を実行します。
すると画面が以下のとおり変わります。

EXグリーン早得の予約画面

出典:エクスプレス予約画面

上記画面で「EXこだまグリーン早特」の表記があることを確認し、グリーン車を選択します。
あとはグリーン車の好きな座席を選択して予約は完了です。

 

 

 

乗り遅れ、変更とキャンセル

予約の変更

エクスプレス予約、スマートEXで予約した列車は条件内であれば変更は無料で何度でも可能です。変更後の予約が条件外となった場合には自動的に清算され、割引が効かない金額となります。この場合、特に手数料は発生はしません。

 

注意が必要なのは、3日前までの予約という点です。予約後の乗車日が3日先以降でないと「EXこだまグリーン早特」の適用外となってしまいます。

 

変更前と同じ日に乗車したい場合は3日前の23:30までに完了させる必要があります。

 

乗り遅れた場合

乗り遅れは非常に痛い。通常の割引がない予約であれば当日の自由席に乗車ができますが、「EXこだまグリーン早特」で予約していた場合は乗車できません。特急料金は再度支払う必要があります。

 

列車が出発するまでに必ずキャンセルしておく必要があるため、注意してください。

 

キャンセルと払い戻し

キャンセルする場合は一律320円の手数料が必要です。人数を減らした場合も、減らした人数分キャンセル扱いとなるため、320円が人数分かかります。

 

 

まとめ

こだま号を利用するので非常に時間がかかりますが、私自身も翌日が休暇の場合に朝早く乗ってのんびり乗るため、EXこだまグリーン早特を利用しています。

 

快適なグリーン車で睡眠や、読書でのんびり時間を満喫しています。

 

(広告)


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る