エクスプレス予約の割引 EX早特21ワイド

JR東海公式の割引サービス「早特」シリーズ

人気路線がのぞみ利用でも安くなる「EX早特21ワイド」

EX早特21ワイドは21日前までに予約すれば大幅な割引が受けられる割引サービスです。公式で一番安い。

 

窓口では買えません。EX予約の会員または、スマートEXの会員になる必要があります。
以前はIC早特タイプ21(17年9月2日まで)、EX早特21(22年6月24日まで)という名称で期間限定の割引サービスでした。

 

人気区間の「のぞみ」でも大幅割引が可能なため人気があります。21日先に確実に新幹線に乗ることが確定していれば利用しない手はありません。

 

EX早特21ワイドの料金や条件についてわかりやすくご紹介します。

 

(広告)

 

EX早特21ワイドの割引条件

色々と条件がごちゃごちゃとありますが、適用できない場合はWEB予約の画面で表示されないのでEX早特21ワイド自体の予約ができなくなっています。

 

条件適用外=予約できない。なので安心で親切です。

 

乗車21日前までの予約

乗車日の21日前までに予約する必要があります。
例えば5月31日に乗車予定の場合、5月10日の23:30までに予約が必要です。
予約の変更も同じく21日前までに制限されています。

 

会員本人に限る

予約者本人しか利用はできません。
EXICカードでの利用に限られているので、複数名での利用はできません。
複数名で乗車する場合には全員がエクスプレス予約会員で、個別に予約する必要があります。

 

時間帯の制限

現在は時間帯の制限はなくなりました。22年6月24日までは早朝か、昼間の空いている時間のみ設定されていました。

 

時間制約が解除され、「EX早得21」から「EX早得21ワイド」に名称変更されました。時間帯がワイドになったという意味ですね。

 

その他の制約

  • 直通列車のみ可能(乗り継ぎ不可)
  • 「東京都区内」、「大阪市内」といった「特定都区市内制度」は適用されない
  • 乗り遅れた場合でも当日の自由席に乗車することはできない
  • 途中下車不可
  • グリーンポイントでグリーン席に変えることはできない
  • 他の割引との併用不可

 

 

設定区間と料金

料金一覧(22年7月18日現在)

こういった割安価格は、通常では区間も利用者が少ない時間帯が多いのですが、EX早特21ワイドは無茶ではありません。

 

超人気路線に早朝もしくは昼から夕方にかけての時間に21日前に予約すれば適用されます。21日先の時間が調整できる人にとっては大変お得で、人気が出るわけです。

EX早特21ワイドの設定区間と料金一覧
出発駅 到着駅 窓口料金 EX予約 EX早特21料金
東京・品川 名古屋 11,300円 10,310円 9,800円
東京・品川 京都 14,170円 13,070円 11,820円
東京・品川 新大阪 14,720円 13,620円 12,370円
東京・品川 新神戸 15,380円 14,170円 12,630円
東京・品川 岡山 17,660円 16,300円 13,900円
東京・品川 福山 17,990円 16,630円 14,600円
東京・品川 広島 19,440円 17,990円 15,000円
東京・品川 徳山 20,750円 19,230円 16,100円
東京・品川 新山口 21,640円 20,090円 16,400円
東京・品川 小倉 22,730円 21,060円 17,000円
東京・品川 博多 23,390円 21,720円 17,000円
新横浜 名古屋 10,640円 9,650円 9,140円
新横浜 京都 13,500円 12,400円 11,480円
新横浜 新大阪 14,390円 13,290円 12,030円
新横浜 新神戸 15,050円 13,840円 12,330円
新横浜 岡山 17,330円 15,970円 13,900円
新横浜 福山 17,990円 16,630円 14,600円
新横浜 広島 19,110円 17,660円 15,000円
新横浜 徳山 20,420円 18,870円 16,100円
新横浜 新山口 21,080円 19,530円 16,400円
新横浜 小倉 22,190円 20,580円 17,000円
新横浜 博多 23,060円 21,390円 17,000円
名古屋 小倉 17,660円 15,810円 14,100円
名古屋 博多 18,890円 16,960円 14,100円

 

スマートEXと料金は同じ

EX予約とスマートEXはいずれも料金は同じです。これが不思議。

 

EX予約は有料会員なので当然割引も大きいと私も思っていました。実際調べてみるとEX予約も、スマートEXでもEX早特21ワイドの料金は同じです。

 

 

 

EX早特21ワイドの対象列車の探し方

対象列車の確認方法

予約の条件に一致した場合に、EX予約またはスマートEXの列車・設備の選択画面に「割引設定あり」の表記があります。
一覧上では何の割引なのかは判断がつきません。

ex予約の割引対象選択

 

対象列車の予約

エクスプレス予約の割引あり表記

 

対象列車で「この候補を選択」とすると切符の種類を選ぶ画面(下記)が表示されるのでそこで選びます。

 

この画面では、選択した列車で適用可能な全ての割引が表示されます。

 

図の例では、「EXICグリーン早特」の割引を含め、「EX早特21ワイド」の2つ表示されているのがわかります。

 

選び間違えないように予約操作を進めてください。
一番安いのを選べば間違えありません。

 

 

 

 

EX早特21ワイドの注意点

予約変更

エクスプレス予約のIC早特で予約した列車は条件内であれば変更は何度でも可能です。
変更後の列車がEX早特21ワイドの適用外となった場合には自動的に清算され、割引が効かない金額となります。
この場合、特に手数料は発生しません。

 

一番注意が必要なのは、21日前までの予約という点です。
直前に変更を行うと割引が効かなくなりますので変更は21日前の23:30までに完了させる必要があります。

 

 

EX早特21ワイドで乗り遅れた場合

これが一番危険です。通常の予約であれば当日の自由席に乗車ができますが、IC早特シリーズの場合は乗車できません。
特急料金は再度支払う必要があります。

 

 

 

まとめ

人気区間をのぞみで利用するのに一番安いのがEX早特21ワイドです。
ネットを探してもこれ以上安いのは、旅行会社などから発売される宿泊とセットになったプランしかありません。

 

ただ、この割引は仕事で使うのは難しい。
仕事の出張で21日前までに確定しているものがなかなか無い。
やはり冠婚葬祭向けかな。

(広告)



この記事をいいね!する