出張におすすめの新幹線出張パック

出張

新幹線とホテルがセットになったお得なパックは各旅行会社から発売されています。
出発日や宿泊先の制約はあるものの、お値打ちに利用することができることは間違いありません。

 

残念なのは、新幹線+宿のツアーは複数名の利用が基本になっていることです。
1人利用の場合は探すのが手間であったり割引があまりなかったりします。

 

そんな中、日本旅行は出張に特化したプランを多く販売しています。
1人出張の際に新幹線とビジネスホテルがサクッと探せて安く予約できます。

 

出張までまだ1週間以上ある方は覗いてみよう。

 

 

 

 

概要

日本旅行について

日本旅行はJR西日本の連結子会社で国内旅行に強い大手の旅行会社です。
昔からJR(旧国鉄)と連携して仲良くやってきたのが理由の一つです。

 

鉄道を利用した旅行パックでは、最もメジャーな点は旅行業界で有名です。
例えば有名な「じゃらん」が提供している新幹線とホテルがセットになったプランも全て日本旅行が提供しています。

 

JRとも連携が強く、老舗であることから安心感も最強です。

 

 

新幹線+ホテルのパックが安くなる仕組み

日本旅行は一般人では購入できない特別企画のきっぷを販売することができます。
人気ない時間帯や早期予約、往復によって原価を抑えることができるのです。
更に各ホテルは旅行会社としての交渉力で部屋数確保するなどで個人では不可能な価格で実現ができるのです。

 

 

料金の目安

時期によっての割引はかなり差があります。
新幹線の閑散期は、ホテル稼働率も低いためもっとも安く出張ができます。
逆に混み合う連休前後はパック自体の数が少なく、ほとんど割引がないケースもあります。

 

以下は2017年6月の閑散期の料金目安です。

日本旅行の出張パック料金例

出発地区

行き先

総額(範囲)

実用的なプラン

本来の新幹線料金
(往復)

東京

名古屋

(名古屋駅周辺)

17,600円〜28,800円

20,000円程度

21,780円

東京

大阪

(梅田周辺)

22,600円〜42,300円

25,000円程度

28,500円

東京

広島

(広島駅周辺)

24,400円〜47,500円

28,000円程度

37,760円

大阪

東京

(品川周辺)

22,800円〜44,500円

25,000円程度

28,500円

 

上記表で、「実用的なプラン」は私が主観的に選んだプランの価格です。
不便すぎる場所にあるホテルを除いています。

 

ホテル込みの総額が普通に新幹線チケットだけよりも安いことがわかります。
実質ホテル代がタダなんですね。

 

 

支払方法

銀行振込

クレジットカード、銀行振込、現金、電話で相談の4種類があります。

 

JR系列の予約サービスはみなクレジットカード決済なので、カードがない人は無理です。
出張ではまだ現金支給の会社も多いので不便ですよね。

 

コンビニや銀行のATMから現金振り込みが一番便利ですね。
カードは使わなくてもネットバンキングならできる人も多いかと思います。

 

「電話で相談」は旅行券の利用、カードを口頭で伝える場合、オプション申込み時に利用します。
後払いや、出世払いには応じてくれないのでご注意を。

 

 

 

ビジネスプラン&出張パックについて

日本旅行では、旅行目的に合わせていくつかのパックがまとめられています。
旅行など観光地に特化したものや、今回ご紹介する出張をターゲットとしたタイプのものがあります。
正式には「ビジネスプラン&出張パック」と日本旅行では呼んでいます。

 

ビジネスプラン&出張パックの特徴

出張

 

利用人数は基本的に1名からのプランが中心です。
また、宿泊先はビジネスホテルが中心です。

 

出張や利用者の目的に沿ったこだわりのテーマ別プランに分かれて探しやすく分類されています。

 

以下は2016年11月現在のテーマ別プランです。

 

レディースプラン

ホテルに美容家電や、アメニティが充実している、ホテルフロアが女性専用のプランが中心です。

禁煙確約プラン

新幹線が禁煙席なのはもちろん、ホテルも禁煙フロアや禁煙の部屋に限定したプランです。
多くは他のプランでも禁煙の指定は可能なので専用プランとしては疑問。

駅近プラン

駅から徒歩10分以内が中心のホテルが集まっていますが、私も利用したことはありません。
最終的には駅が近いホテルよりも結局は目的地に近い場所を探すからです。

東横インプラン

私も真っ先に探すプランで、東横インに宿泊することを前提とした場合に大変便利です。
日本旅行は東横インと全国で提携しているのでプラン数が充実しています。
ザ・ビジネスホテル!といった感じで至って普通で落ち着くので、庶民向けのビジネスホテルとして東横インはおすすめです。

その他

Wi-Fiが利用できるホテルプランや、大浴場があるホテルなどがあります。

 

 

出張プランの利用方法

以下より日本旅行のサイトへ行きます。

 

日本旅行の「ビジネスプラン&出張パック」トップページはこんな感じです。

日本旅行ビジネスパック

 

下の方に「テーマ別プランから探す」がありますのでここから選ぶと先にご紹介した各テーマ別プランがあります。
探しやすいのでこの方法がおすすめです。

日本旅行ビジネスパック

以降は画面の指示に沿って申し込めば完了です。
カード決済や銀行振り込みするまでは申し込みは完了しません。
金額だけ確認することもできます。

 

 

予約はいつまで可能か

出発の3日前までです。
制限は3日前ですが、現実的には3日前だと宿が空いていなかったりするので良いプランは残っていません。

 

個別に宿を予約する場合でも空きは少なくなっていますが、セットになっている分、更に条件は悪くなります。
実際に利用する場合は、出発1週間前までに予約しておくのがベストです。

 

 

 

まとめ

最近では、海外からの旅行客の影響か、関東も関西も直前では宿が空いていないケースが多々あります。
そういった点では、早めに予約が必要な出張パックでも時間的に大差ありません。

 

ただ、私の場合はこういった出張パックは閑散期しか利用しないことにしています。
普通に買うより安いケースはありますが、どうしても全体的に価格が上昇するので、いちいち比較して考えるのが面倒なためです。

 

(日本旅行公式サイトへ↓)


 

 

トップへ戻る