京都へ安く超便利!新幹線のホテルパックで厳選した2サイト

東京、京都でベストな新幹線とホテルのパック

失敗しない!京都へ行くのに最適な新幹線のホテルパック2種類

新幹線の泊まり旅行で損している方は実に多いです。

 

一般的に国内の宿泊旅行では、
30%が交通費、29%が宿泊費に使われます。
2021年期 観光庁 旅行・観光消費動向調査

 

観光庁の統計では、宿泊旅行は2人だと平均10万円前後です。コロナでも大きくは変化していません。

 

10万円の予算で旅行する時、半分の5万円は交通費と宿泊費に消えます。残りが飲食、お土産、娯楽代など。50対50の法則です。

 

更に交通費でも新幹線含む鉄道が占める割合は一番多く、ガソリン代、飛行機代と続きます。

 

これはもったいない!!

 

旅行で節約しようと思ったら、狙いは交通費と宿泊費。交通費の中でも新幹線です。思い出になるお金は節約してはダメです。

 

乗った新幹線は覚えていますか?

 

ホテルなら多少、食事ややったことは鮮明に残ります。どこを削るか明確でしょう。

 

 

この交通費、宿泊費を誰もが2~3割安くできるのが、新幹線+ホテルのパックを利用する方法です。

 

多くの旅行会社が取り扱う「国内ツアー」と呼ぶ商品です。最近は全国旅行支援にもなっていますね。

 

本記事では東京-京都間に絞り、私が7年間の出張経験から厳選した2つのサービスをご紹介します。

 

 

新幹線+ホテルパックの比較

ネットで「ホテルパック」を検索すると、検索結果がクサるほど表示されて困るはずです。

 

しかし、長年利用していると結局は数社にたどりつきます。理由はのちほど。

 

 

理由がどうでもいい人は今すぐJTB 新幹線+ホテルで予約してください。
最大手のJTB本体運営で、受け取り、質がワンランク違います。

 

更に詳しくご紹介していきます。

 

東京、京都間で最強の新幹線ホテルパック2社
親会社 JTB JR西日本
運営会社 (株)JTB (株)日本旅行
サービス名 ダイナミックパッケージ
JTBMySTYLE
新幹線+宿泊パックツアー
商品名 JTB 新幹線+ホテル JR・新幹線+宿泊セットプラン
予約開始 6か月前 6か月前
予約締切 出発前日23:49:59 出発3日前
切符類の受取 駅の自動券売機 郵送・店頭
列車 自由に選択 ツアー毎に指定
乗り遅れ 購入時の条件による きっぷの再購入
(一部後続列車の自由席も可)
サイトわかりやすさ

 

上記2社以外にも沢山あります。近畿日本ツーリストるるぶトラベル などなど。掘り出し物があることは否めませんが、ハズレを引くリスクも高いことをご承知ください。
私も膨大な時間を使って7年使い続けましたが、落ち着いたのがこの2社です。

 

両社のサービスをそれぞれ詳しく解説します。

 

 

JTB ダイナミックパッケージ

有名なJTBが手掛ける国内旅行のパッケージです。移動手段と宿泊先を自由に組み合わせられます。急いでいる時は「のぞみ」利用、時間があるときは「こだま」で安くなど「時間」と「お金」が調整できます。

 

東京、京都間は最強です。
便利な分だけ日本旅行よりも1割ほど割高ですが、初めてでも安心して利用できます。

 

JTBはJR系列ではありませんが、昔から旅行業でJRと組むことで良い関係があります。JR東日本、JR東海合わせるとJTBの筆頭株主(35%保有)になります。

 

 

最強の理由1 受け取り方法

新幹線の自動券売機
JTBは指定席券売機で受け取りができます。
この利便性が他には無い。これが一番便利!

 

窓口が混んでいたりすると面倒くさい↓
品川駅のJR東海ツアーズ
新幹線に乗るために切符を受け取る必要があるのですが、JTBはそこら中にある指定席券売機で発券できます。他社は郵送であったり、例えばJR東海ツアーズの店舗受け取りであったりします。

 

 

 

最強の理由2 前日予約が可能

JTBのホテルパックが最強の理由その2はギリギリまで予約できる点。前日23:49分まで予約できます。

 

日本旅行では3日前が限度。他社でも前日はキャンセルや売れ残り物件がほとんどです。

 

 

最強の理由3 列車、座席が選べる

JTBではのぞみ、ひかり、こだまが自由に選べます。
他社で安いプランだと「こだま号」自由席なんてのもあるので時間もかかるし、座れない可能性もあります。そこまで心身を削って節約する気はおきません。

 

JTBで列車を選ぶ際に「こだま」だと一番安く、「のぞみ」を選ぶと1,000円程度追加料金が必要です。時間とお金を都度選択できるようになっています。また、混雑する時間帯によっても料金差がつけられています。

 

更に!

 

座席位置まで指定できます。これはJR公式のEX予約以外にありません。
JTB座席選択画面

出典:JTB国内ツアー新幹線座席指定

 

空いていそうな座席やトイレが近い席、車両真ん中あたりなど自由に指定できます。

 

 

大手の安心感

旅行におけるトラブルの70%は旅行会社とのトラブルです。( 日本旅行業協会調べ)
非常識なプランやだまし討ちのようなトラブルに巻き込まれるケースが少ないのが大手にしかない安心感です。

 

 

料金目安

東京-京都間のホテルパックプランでは20,000円台からありますが、25,000円ぐらいからきちんとしたホテルが利用できます。

 

新幹線の往復は2万円以上するので6,000円ぐらい浮きます。

 

思い出がこのお金で増やせます。旅行先で料理のアップグレード、レジャーをプラス。家族、恋人、友達との思い出がより濃くなります。

 

▽JTB 公式サイト↓

 

 

日本旅行

日本旅行は最も古い老舗の旅行会社です。
ご両親が新婚旅行は日本旅行だった。という人も多いと思います。

 

新幹線の発券システムを保有する

日本旅行はは大昔に真っ先にJR(当時は国鉄)の高価な発券システムを率先して導入し、以来ひいきにしてもらっています。

 

日本旅行では、今でもJRの発券機を所有しており、一定の枠内で指定券が発行できる強みがあります。

 

有名な「じゃらん」も実は日本旅行のプラン

誰もが知るリクルート社の有名な「じゃらん」があります。
「じゃらん」の新幹線パックは、実は日本旅行のものです。知らずに予約していると、日本旅行でサイトで予約していることに気づかないと思います。

 

両社は業務提携しており、新幹線パックは日本旅行が手掛けているのです。

 

 

日本旅行は全国対応

日本旅行の新幹線とホテルのパックは、全国展開している点で強みがあります。

 

他社は地域が限られているケースが多いのですが、新幹線が走っている地域であれば日本旅行は全てプランがあります。

 

全国を移動する場合、毎回利用するサイトを変えるのが面倒なら日本旅行が確実です。

 

 

 

 

2社以外の旅行会社を選ぶ理由がない

安く便利なのは新幹線がカギ

泊まり旅行・出張では、交通費が一番大きく総額の30%を占めます。交通費の中でも日本人は新幹線に一番お金を使っています。

 

つまりは新幹線が高いということです。

 

新幹線は東京、京都間でほぼ独占市場。
特に東海道新幹線を持つJR東海はウハウハでJR東日本よりも儲けが多い。
(営業利益:JR東海6620億、JR東4812億)
※数字は2018年3月期

 

JR東海と仲良くないと、割安なプランが組めないのです。宿泊先はいくらでもあるので交渉次第ですが、新幹線はなんともならない。

 

JR独占しすぎ。

 

どのような結果となるかというと、

  • 誰も乗らない列車(始発の各駅停車など)
  • 誰も泊まらない不便なホテル

というようなところで価格を下げる努力をするのです。
全てのケースに当てはまるわけではないが格安のプランは高確率で、厳しい条件なので要注意。我慢を強いる結果になります。

 

色々な旅行会社やサイトで調べても、安くするプランが組めるのは数社です。

 

予約時だけ便利な楽天とYahoo

例えば、楽天トラベル、Yahooトラベルは独自プランもありますが、旅行会社はごちゃ混ぜ。
結局は先にご紹介したJTBや、日本旅行、JR東海ツアーズの商品にたどり着きます。

 

楽天、Yahooなど慣れていると思いがちですが、それは予約だけの話。
きっぷの受取方法、変更やキャンセルなど予約先によって違うため、いちいち確認するのが面倒でたまりません。

 

私の失敗談

5年ぐらい前になりますが、出張で格安のホテル+新幹線パックを見つけたので某サイトより予約しました。
きちんとチケット類も送られてきて、問題なかったのですが、問題は指定されたホテルです。

 

歩道橋の工事中でかなり歩くし、ホテルが改装中だったので塗装の臭いで気分が悪くなりました。
汚いとか、狭いのは仕事で寝るだけなので我慢できますが、臭いだけは辛かった。

 

よく見たらホテルのホームページが改装中なので一部騒音、振動がありますとの表記。臭いはなかったぞ・・・

 

激安だったので文句が言えないかもしれませんが、ホテル+新幹線パックを予約するページにはそのような記載はほとんどありません。
そういった激安系を選ぶ場合は、ホテルのホームページもちゃんと確認する必要があります。事故物件とかも怖い・・・

 

JTBや、日本旅行がパックにするホテルはそのようなものは含まれません。
大手として信用問題にかかわりますからね。

 

 

 

まとめ

どうでしたか?
じっくり各社を比較するか、あきらめて新幹線と宿を別々に予約する手もあります。

 

初めて行く場所ならワクワク感がありますが、冷静に考えるとなかなか面倒ですよね。
だから、日本旅行業協会の統計で、ほとんどの人が交通費と宿にお金をかけている数値がでるのです。
ほとんどの人が知らず知らずのうちに損をして、お土産や思い出を削ってしまうのです。

 

気づかなければ幸せかな(悲)

 

 

▽JTB 新幹線+ホテル 公式サイト↓

 

 

▽日本旅行 公式サイト↓


この記事をいいね!する