新幹線 指定席回数券の価格

東海道・山陽新幹線 回数券の価格と区間の一覧表

新幹線回数券普通車指定席用

2021年11月現在の新幹線回数券で普通車指定席用の全区間と料金です。

 

こうして割引率をみてみると、区間と用途によってはリスクが高い気がします。
1枚でも使ってしまうとJRは払い戻しをしてくれないので、そのあたりは要検討です。

 

回数券は、ネット予約の躍進でどんどん区間が減り、ついには22年3月31日で指定席用はすべて廃止されます(22年7月10日まで利用可能)。

 

掲載に万全は期していますが、万が一間違いなどございましたらご連絡いただけると幸いです。

 

(広告)

 

廃止が21年10月の対象も有効期限内(購入日から3か月)は利用できますが、新規に窓口では買えません。金券ショップでは現在激安のはず。

 

廃止は21年10月31日、22年3月31日です。

新幹線回数券の区間と料金 普通指定席用
発着駅 回数券価格 1枚の値段 通常料金 割引率 廃止予定
東京 名古屋 63,300円 10,550円 11,300円 6.6% 22年3月
米原 69,840円 11,640円 12,840円 9.3% 22年3月
京都 79,860円 13,310円 14,170円 6.1% 22年3月
新大阪 83,640円 13,940円 14,720円 5.3% 22年3月
新神戸 86,460円 14,410円 15,380円 6.3% 22年3月
姫路 91,500円 15,250円 16,140円 5.5% 22年3月
岡山 98,340円 16,390円 17,660円 7.2% 22年3月
新倉敷 98,340円 16,390円 17,660円 7.2% 22年3月
福山 100,020円 16,670円 17,990円 7.3% 22年3月
広島 108,180円 18,030円 19,440円 7.3% 22年3月
博多 130,560円 21,760円 23,390円 7.0% 22年3月

新横浜

名古屋 59,340円 9,890円 10,640円 7.0% 22年3月
京都 75,960円 12,660円 13,500円 6.2% 22年3月
新大阪 81,240円 13,540円 14,390円 5.9% 22年3月
新神戸 84,540円 14,090円 15,050円 6.4% 22年3月

名古屋

京都 30,960円 5,160円 5,910円 12.7% 22年3月
新大阪 34,560円 5,760円 6,680円 13.8% 22年3月
新神戸 43,440円 7,240円 8,000円 9.5% 22年3月
姫路 48,060円 8,010円 8,770円 8.7% 22年3月
岡山 63,300円 10,550円 11,500円 8.3% 22年3月
広島 81,240円 13,540円 14,490円 6.6% 22年3月
博多 102,060円 17,010円 18,890円 10.0% 22年3月

京都

広島 64,440円 10,740円 11,620円 7.6% 22年3月
博多 82,920円 13,820円 16,360円 15.5% 22年3月

新大阪

広島 59,100円 9,850円 10,630円 7.3% 21年10月
小倉 81,120円 13,520円 14,720円 8.2% 21年10月
博多 81,120円 13,520円 15,600円 13.3% 21年10月

新神戸

広島 57,840円 9,640円 10,410円 7.4% 21年10月
小倉 81,120円 13,520円 14,390円 6.0% 21年10月
博多 81,120円 13,520円 15,270円 11.5% 21年10月

 

(凡例)

  • 回数券価格:6枚つづりを窓口などで購入した総額
  • 1枚の値段:1枚あたりの料金で総額/6(セット枚数)
  • 通常料金:窓口で普通に特急券と乗車券を購入した価格。
  • 割引率:回数券が通常に買うのと比べて1回あたりの費用差。

 

(掲載情報について)
割引率は、回数券1枚あたりの価格と、通常料金(指定席きっぷを窓口で購入した価格)の比較です。
通常料金は、区間によっては「のぞみ」を利用した場合と「ひかり」「こだま」を利用した場合では異なるため、割引率は乗車する列車によって多少の差があります。
私個人の感覚で「のぞみ」優先、最大で乗り換え1回までと自分が移動する場合を基準に価格を算定しています。

 

(広告)



このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る