新幹線のグリーン車でコンセントがある列車ない列車

新幹線のグリーン車でコンセントがある列車ない列車

新幹線のグリーン車ではコンセントが普通車よりも充実しています。ただ100%ではないため、確実に利用したい場合は乗車する列車と座席が重要です。

 

本記事では、新幹線のグリーン車で路線別、座席別にコンセントの有無をご紹介します。

(広告)

 

東海道新幹線

N700系系新幹線

N700系系新幹線

東海道新幹線のグリーン車であれば、どの列車に乗っても必ず座席にコンセントがあります。「のぞみ」「ひかり」「こだま」いずれの列車も現在はN700系でしか運行していないため、グリーン車でコンセントがない座席はありません。

 

新幹線グリーン車のコンセント
東海道新幹線のグリーン車ではひじ掛けの裏にコンセントがあります。コードは50cmあれば手元まで届きます。

 

ご注意いただきたいのは、山陽新幹線との乗り入れ区間です。新大阪から博多間はJR西日本の山陽新幹線になり、グリーン車でも1日数本はコンセントがない列車が運行しています。

 

新大阪より西の駅を利用する場合は次の「山陽新幹線」も合わせてご参照ください。

 

 

 

山陽新幹線

山陽新幹線のグリーン車では、1日に数本コンセントがない列車が運行しています。古いタイプの700系新幹線に乗ると、グリーン車でもコンセントがない場合があります。700系の列車は「のぞみ」の臨時列車または、「こだま」8両編成で使われています。

 

 

 

東北新幹線

E5系系新幹線

E5系新幹線

東北新幹線は一部旧型の列車でグリーン車でもコンセントがない列車が運行しています。

 

グリーン車に乗れば必ずコンセントがある列車はE5系、H5系で運行されている列車です。「はやぶさ」であれば必ずE5系なのでコンセントはあります。

 

その他、「はやて」「やまびこ」「なすの」はE2系、E3系での運行があり、一部グリーン車でもコンセントがない場合があります。

 

E5系やH5系に乗れば間違いないですが、調べ方は簡単です。
ジョルダンで乗車する列車を検索すればE5/H5系かどうか表記があります。

 

E5系の場合↓
ジョルダンでE5系か調べる

 

E2系またはE3系の場合↓
ジョルダンでE2系かどうか

 

 

E2系、E3系でも新型、旧型があります。新型はグリーン車にコンセントがありますが、旧型はありません。新旧の見極めは素人にはできないため、可能ならE5系を選んで乗車してください。

 

 

 

北海道新幹線

E5系系新幹線

E5系新幹線

北海道新幹線のグリーン車であれば、どの列車に乗っても必ず座席にコンセントがあります。列車はすべてE5系、H6系で運行しているため、コンセントの心配はありません。

 

 

 

上越新幹線

e7系新幹線

E7系新幹線

上越新幹線はE2系、E3系、E4系(2階建て)、E7系が運行しています。

 

確実にコンセントがあるのはE7系のみです。E7系かどうかはジョルダンで調べれば簡単にわかります。
e7系新幹線を調べる

 

E2系、E3系のグリーンはコンセントのある新型、ない旧型があります。新旧の見極めは素人にはできないため、E7系を選んで乗車してください。

 

E4系はコンセントは一切ありません。

 

 

 

山形新幹線

e3系つばさ

E3系つばさ

山形新幹線はE3系のみで運行しています。わかりやすい。

 

山形新幹線は1000番台(旧型)、2000番台(新型)があります。2000番台に乗れればグリーン車には全席コンセントがありますが1000番台はありません。

 

新旧どちらになるかは事前に知ることはできません。1000番台は3編成、2000番台は12編成なので、80%の確率でグリーン車にコンセントがある2000番台に乗ることができます。

 

 

 

秋田新幹線

e6系新幹線

E6系新幹線

秋田新幹線はE6系のみでの運転です。グリーン車はすべての座席にコンセントがあります。

 

 

 

北陸新幹線

e7系新幹線

E7系新幹線

北陸新幹線はE7系(W7系)のみでの運転です。グリーン車はすべての座席にコンセントがあります。

 

E7系、W7系n違いは保有するJRの違いです。E7がJR東日本、E7がJR西日本の保有車両です。設備はほぼ同じです。

 

 

 

九州新幹線

九州新幹線は800系、N700系で運行します。800系はグリーン車がありません。N700系のグリーン車はすべての座席にコンセントがあります。

 

 

 

まとめ

グリーンでもまだまだコンセントがない列車があります。年々新型車両に置き換わっており、10年後には普通車も含めて全席に設置されます。

 

10年後は、充電しないといけない機器に囲まれすぎて疲れそう。

(広告)


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る