自由席はいつから事前購入できる?

新幹線の自由席が一番早く購入できる日

カレンダー

新幹線の予約がいつからできるかは全国JRで統一されています。指定席は1ヶ月前の10時からですが、自由席はどうでしょうか?

 

自由席もやはり同様に1ヶ月前の10時から購入ができます。

(広告)

 

正確な発売日

乗車したい日から月を1ヶ月、正確には30日を引きます。4月30日に乗車したい場合は3月30日10時より買えます。

 

以下が2019年度のややこしい日の一覧ですいずれも全国JRが統一して毎年決めています。

2019年 新幹線のきっぷが買える日の例外発売日
乗車日 発売開始日
3月29日、30日、31日 3月1日
5月31日 5月1日
7月31日 7月1日
10月31日 10月1日
12月31日 12月1日

 

自由席は予約できる?

自由席は予約する概念自体がありません。

 

自由席特急券に有効日があり、2日間有効です。その2日の間に好きな列車に乗ってもいいですよ、という切符です。

 

乗ろうとした列車が混雑して乗れなくても返金があったりするわけではありません。

 

 

自由席を早く買う意味は?

事前に切符を手元に置いておきたい場合や誰かに送りたい場合があげられます。

 

自由席であれば、乗車当日に新幹線駅の券売機でささっと買えます。券売機もほとんど混雑することはありません。

 

窓口に並ぶ必要もありませんので、操作さえ覚えてしまえば当日購入で大丈夫です。

 

万が一予定が変わる可能性があるケースであれば、ギリギリまで買わない方が賢明です。キャンセルになった場合に、手数料などが取られてしまいます。

 

 

窓口で自由席券を購入する場合の注意事項

窓口で自由席を購入する場合、日付を言わないと当日分として発行される可能性があります。

 

人によっては確認してもらえると思いますが、「○○月○○日」分とお伝えください。

 

 

まとめ

みどりの窓口でも、エクスプレス予約などネット予約、旅行会社でも公平に発売日は同じ日です。

 

記事内でも自由席を早く購入しておくメリットがあまり思いつきませんが、これだ!というのがあれば是非とも教えて下さい。

 

(広告)



このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る