EX-IC(電子切符)は受け取り不要

EX-IC(電子切符)は受け取り不要

EX-ICでの予約と受け取り

exicカード

エクスプレス予約の会員になると、新幹線をきっぷで乗車するかEXICカードで乗車するかいずれかを選ぶことができます。
EXICで新幹線に乗車する場合は事前の受け取りは一切必要ありません。
チケットレスなので新幹線の改札でEXICカードをかざすことで改札が入退場ができます。

 

本記事ではEXICの概要や仕組みをご紹介します。

(広告)

 

EXICの概要

EXIC(正確にはEX-IC)とは従来の切符のかわりに専用のICカードを改札でかざすことで改札の出入りを実現するものです。
エクスプレス予約会員になるとクレジットカードとは別にexicカードが全員に発行されます。

exicと切符の違い図

 

EXICは、新幹線の乗車から降車駅まで改札で切符が一切不要でEXICカードのみを使って乗車します。
新幹線専用のSUICAと考えればイメージがわくかと思います。

 

EXICはエクスプレス予約で通常購入する方法では一番安く購入できます。
(他には早特や回数券など制限のある割引切符であればもっと安い方法はあります)

 

 

 

エクスプレス予約で新幹線を1名で予約する場合、従来の切符とするか、チケットレスのEXICかは選択できます。
何も指定しないと優先的にexicで予約されます。

 

 

EXICで乗車した場合の座席確認はどうするのか?

ICご利用票

普通の切符(裏が黒い磁気式)の特急券には指定席の座席番号が印字してありましたが、EXICの場合は切符は発行されません。

 

それだと乗車する場合に座席がわからないため、代わりに自動改札機で発券されるのが「ICご利用票」です。

 

新幹線の改札をEXICでタッチして通ると、「ICご利用票」が自動改札機が出てきますので受け取ってください。
(在来線で通常は切符を受け取るあたりから発券されます)

 

IC乗車票は自分の座席確認と、車内検札で見せるためです。
最悪なくしても新幹線には乗れますが、面倒なので新幹線を下りるまでは持っていてください。

 

 

EXICの仕組み

EXICカードには会員IDが記録されており、改札を通る際に会員IDとエクスプレス予約で予約されている情報が照合されることで、改札を通れる仕組みとなっています。

 

モバイルsuicaとは違い、予約情報をダウンロードしたりする必要はありません。
EXICで新幹線を事前に予約さえしておけばかざすだけで予約した新幹線に乗車することができます。

 

 

EXICでは切符の受け取りが不要です!

予約したら当日の乗車時間に直接新幹線の改札口に行き、改札口で「EX-IC」カードをかざせば改札をとおれます。

 

EX-ICカードは申し込み後にクレジットカードとは別送されてきます。

 

↓こんなカードです
exicカード法人
個人で申し込むと色が白です。画像のカードは法人契約のカードのため青です。

 

 

複数の列車を予約している場合

複数の列車を予約していても特に受け取りは必要ありません。

 

そのまま自動改札機にかざしてください。

 

自動改札で機械が自動的に乗車時間が一番早い列車に乗車するとみなしてくれます。

 

 

 

 

まとめ

EXICは初めて使う場合は結構緊張します。
私もEXICサービスが開始された2008年以降、3年ぐらいは利用していませんでした。

 

同僚に説得されて渋々使ってみるとお手軽さにびっくり。
それ以来は手放せなくなりました。

 

新幹線の改札は在来線よりも係の方は親切なので思い切って使ってみてください。

 

(広告)

 

(関連コンテンツ)


 

 

トップへ戻る